にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
Last update:2017.04.19

【法人のたまご】Vol.765 特定非営利活動法人 いいろこ十二潟を守る会 

  【法人のたまご】Vol.765 特定非営利活動法人 いいろこ十二潟を守る会 
 
新しくNPO法人の設立認証を申請した団体をご紹介します。 
今回は、平成29年4月14日申請の「特定非営利活動法人 いいろこ十二潟を守る会」です。県内で875番目の申請になりました。

尚、申請に係る定款、役員名簿、設立趣旨書、設立の初年及び翌年の事業計画書及び設立の初年及び翌年の活動予算書は、「新潟市市民協働課」において、申請の日から2週間、縦覧(一般に公開すること)に供されています。
設立の認証・不認証の決定は、縦覧終了後2か月以内に審査を経て決定されます。


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
         特定非営利活動法人 いいろこ十二潟を守る会
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●代表者:山崎 敬雄

●所在地:新潟市北区長戸呂4601番地

●NPO法上の特定非営利活動の種類
○環境の保全を図る活動
○子どもの健全育成を図る活動
○前各号に掲げる活動を行う団体の運営又は活動に関する連絡、助言又は援助の活動

●定款に記載された目的
この法人は、潟固有の貴重な生態が残っている十二潟(三日月湖)及び県の絶滅危惧植物に指定されているアサザ・ガガブタの環境保全活動を行うとともに、地元小中学校の環境教育の場として活用する施設整備を図る。また、将来、潟の一部(湖面・観察用地)を取得するための募金活動を行うことにより、行政機関と地域住民が連携して「地域の宝」を後世に引き継ぎ、併せて住民の自然環境保全意識の高揚に寄与することを目的とする。

●事業内容:
【特定非営利活動に係る事業】
(1) 十二潟の一斉清掃及び観察用地の除草作業
(2) 地元小中学校と連携した潟の水質・水位等潟環境調査事業
(3) 地元小中学校と連携した絶滅危惧種(アサザ・ガガブタ)の観察・生態調査事業
(4) 絶滅危惧種に悪影響を及ぼす外来種(チクゴスズメノヒエ等)の駆除事業
(5) 木舟の漕ぎ手育成事業
(6) 募金活動及び法人の目的を達成するために必要な事業

●会員の種類:
正会員    入会金1,000円 年会費1,000円

    
(2017/04/19  にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る