にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2016.10.26

【開催報告】「まちなか青空図書館」第1回ワークショップ

2016年10月12日(水)、燕市の中央公民館で「まちなか青空図書館」の第1回ワークショップが開催された。主催は燕三条青年会議所のグローカルの力委員会。

はじめに、同委員会のメンバーから、世界のまちづくりの取り組みを調べたことや三条市と燕市へのヒアリング結果の総括として、まちづくりにおいて「コトづくり」「ソトの場」という2つの軸が重要であること。また、小さなことから、できることからやっていくことがポイントだと共有があった。

そして、今回の取り組みでは、地域の未利用資源として、「ソトの場」である空き地の活用に着目し、燕市の高橋書店跡地と三条市のパルム駐輪場跡地に1日限りの青空図書館をつくっていくことが発表された。

また、ただ図書館のハードを考えるのではなく、「コトづくり」として、その地域の歴史や特性を生かした「人がつながる空間づくり」「近所のお店に賑わいをもたらす」という視点からアイデアを考えていくことがお題として出された。

参加者からは、「喫煙者が集う合コン、タバコンの開催」「ミニ四駆を走らせる」「人狼ゲームを開く」「地域のお店のスイーツお取り寄せ」など多様なアイデアが発表された。

今回のワークショップで出てきたアイデアをもとに、第2回の際に具体的なコンセプトまで落とし込んでいく予定となっている。

委員長の原田さんは、「まちづくりは一人ではできない。みなさまという仲間と、この1か月で素晴らしい図書館をつくりたい」とワークショップを締めた。

今後、「まちなか青空図書館」の取り組みは、11月12日(土)の本番までにワークショップや制作するDIYの集まりなど複数回開かれる予定だ。第2回のワークショップは10月16日(日)の午前中に開催される。


・まちなか青空図書館
https://www.facebook.com/events/298377610547909/
・一般社団法人燕三条青年会議所
http://tsubamesanjo-jc.or.jp/2016/

TOPへ戻る 一覧へ戻る