にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2016.09.29

【開催報告】第2回うおぬま若者会議

2016年9月29日(木)、魚沼市の小出ボランティアセンターで「第2回うおぬま若者会議」が開催された。主催は魚沼市の企画政策課で、市内外から若者19名が参加した。

「うおぬま若者会議」は、市内の若い人たちから、市の将来について自由な発想で意見やアイデアを出してもらう目的で開催されており、特別ゲストに地域活性化モデルの今井美穂さん、また会議の進行役として魚沼市出身で群馬テレビアナウンサーの安蒜幸紀さんが参加している。

会議では最初に緊張をほぐすため、お互いの名前、住んでいる地域を紹介し合い、話しやすくなる雰囲気をつくった後、グループに分かれて「将来、魅力ある魚沼市(ずっと住み続けたい魚沼市)にするにはこんなことが必要」をテーマとして話し合われた。

各グループからは「若者の市政に対する意識が低いので、若い市議の誕生や、準市議制度、JK課のように若者が市政に関与できるとよい」「域外からの呼び込みをするために、野外フェスを開催する」などのアイデアが出てきて、活発に話し合いが進んだ。

ゲストの今井さんからは、「危機感がある地域の方々はどうにかしたいという思いがある。こうした身近なところの話し合いを一歩一歩実現しないと変わっていかない。この若者会議で出てきた意見を、市にに一つでも実現してもらいたいです。」と講評があった。

最終回となる第3回は、11月16日(水)に「ずっと住み続けたい魚沼市にするために若者ができること」をテーマにとして開催される予定。

若者が住んでいる地域の未来を話し合う「若者会議」の取り組みは全国で広がっており、新潟県内でも燕市、長岡市、南魚沼市、妙高市などでも開催されている。

・うおぬま若者会議
https://www.facebook.com/uonuma.wakamono/

TOPへ戻る 一覧へ戻る