にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2016.06.16

【開催報告】新潟県地域づくり巡回講座 にいがた旬塾2016リノベーションまちづくり〜空き店舗・空き家を人の集う場所へ〜

 2016年6月2日(木)阿賀野市、4日(土)南魚沼市、7日(火)新潟市北区にて『にいがた旬塾2016リノベーションまちづくり〜空き店舗・空き家を人の集う場所へ〜』が開催された。主催は(一財)ろうきん福祉財団で、参加者は3会場で75名ほどだった。

 今回のテーマは「リノベーションまちづくり」。地方への動きが活発化するなか、今年5月に完全施行された空き家対策特別措置法により、空き店舗・空き家活用への注目が高まっている。実際にシャッターが降りっぱなしになった空き店舗や、誰も住まなくなった空き家をリノベーションし活躍する、地域づくりの仕掛人たちを講師に招き講話を行った。 
 県内5会場(阿賀野市・南魚沼市・新潟市北区・妙高市・三条市)で開催しており、残りは妙高市と三条市の2会場となった。

 講師は、新潟市沼垂テラス商店街の高岡はつえさん、三条市でシェアスペースを運営する小山雅由さん、十日町市で住み開きを実践するギルドハウス十日町西村治久さんがそれぞれ担当している。

 空き家や空き店舗を「商店街」「地場産業」「シェアハウス・ゲストハウス」にそれぞれ活用した視点からの話は、参加者を強く惹きつけた。
 感想には、「自分に出来そうなことから少しづつやって行きたいです。ワクワクしました。新しい商店街の作り方を感じ、今の商店街からのリノベを想像し悩みました。大変ためになりました。」「人をまきこむやり方が良い!ワークショップDIY、私も参加してみたいと思いました。」「『住み開き』コンセプト。コンセプトに偏りも設けず、広人を受け入れる姿勢に興味を持った。コンセプトを尖らせ、それでいて偏りをださないコンセプトだからこそ、多くの人が興味を持っているように思う。」などが上がり、参加者それぞれに新たな視点や、活動へのヒントを得たようだった。

 にいがた旬塾は残り2会場の開催となる。リノベーションに興味のある人、すでに関わっていたり、これから活動を進化させたい人は、ぜひ参加してほしい。

<開催概要>
・6/11(土)13:00〜15:00  妙高市勤労者研修センター 
講師:西村治久さん(ギルドハウス十日町&胎内)
・6/14(火)18:30〜20:30  燕三条地場産業振興センター 
 講師:高岡はつえさん(沼垂テラス商店街)
<申し込み/お問合せ>
・新潟NPO協会ホームページのお申込みフォーム
http://goo.gl/gs24gV
 ・新潟県NPO・地域づくり支援センター
〒950-0994 新潟市中央区上所2-2-2 新潟ユニゾンプラザ1F
  [TEL] 025-283-8686 [FAX] 025-281-0014
  [E-mail] info@nponiigata.jp
  担当:松岡、尾崎



(2016/6/8  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る