にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2016.05.18

【開催報告】平成28年度「防災教育」学校・地域連携事業研修会

 2016年5月12日、新潟市役所で平成28年度「防災教育」学校・地域連携事業研修会が行われた。運営は新潟市教育委員会と新潟市防災教育コンソーシアムで、参加者は今年度に事業を実施する市内35校の小中学校の担当者約70名。

 この事業は、5ヵ年かけて新潟市の小中学校全168校の、防災教育の自校化プランを作成するもの。事業のねらいは「子ども達が自ら災害から生き抜く力を育む」である。
 各校の防災担当教諭と地域教育コーディネーターが協力し、地域の組織や人と協働しながら新潟市教育委員会と新潟市防災教育コンソーシアムが学校の相談窓口となり、事業をサポートする。平成27年度から始まり、今年度で2年目となる。
 今回行われた研修会では今年度の実施校に、事業の主旨・進め方・サポート体制等を理解してもらい、中学校区ごとのグループで行ったグループワークで自校化プラン作成の具体的なイメージを持ってもらった。

 各機関の役割や、担当教諭と地域教育コーディネーターのそれぞれの役割を確認した今回のプログラムから、「地域教育コーディネーターの方から地域の情報を聞けて良かった」「学校区のメンバーでプラン作成をしたことで現実味を持つことができた」「具体的にイメージできたし、どういうところで小・中の連携がとれそうかも見えてきた」などの感想が寄せられ、参加者にとって有意義な研修となったことが伺えた。

 学校と地域が一つになり防災を通して子どもたちを育てるこの事業を、ぜひ応援してほしい。


(2016/5/18  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る