にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2016.04.04

【開催報告】まちづくりマルシェ「多職種協働フォーラムin三条」

 2016年3月13日、三条市水防学習館にて「多職種協働フォーラムin三条」が開かれ、市内のNPO関係者を中心に24名の参加があった。主催はNPO法人NPOさんじょう、新潟県県民生活課。

 第一部では、NPO三条市成人式サポート協会の「多職種連携による定住・Uターン促進事業」、TOSS新潟の「産官学民共同で取り組む 子ども観光大使事業」、NPO法人三条おやこ劇場の「地域で取り組む子育て支援 おやこ観劇事業」、NPO法人都岐紀沙羅パートナーズセンターの「モデルハウスを拠点とした若者の地域づくり活動支援」と4つの地域の若者を対象とした多様な事例が紹介された。

都岐沙羅パートナーズセンターの佐藤さんの事例発表では、「みんなのコミュニティスペースはみんなでつくる。できることはそれぞれにやってもらう。来場者ではない。」という発言があり、協働をしていくための基本的な姿勢について言及があった。

第二部では、コーディネーターを務めた認定NPO法人新潟NPO協会の石本さんから、多くの事業に共通していたのは、自分たちだけでは実現できないことから、周りの力をうまく活かして実現してきている。その上で、協働相手である企業にもメリットがある形で協賛をお願いしていることが分かったと説明。

こうした流れを受けて、参加者同士で「1人では実現できないことはなにか、それを実現するために地域にどんな変化が起こると良いか」といったテーマで話し合った。

 参加者からは、「三条に中間支援組織ができたことで地域の協働が促進されている。」「多職種だからこそ、互いの特技を活かした協働事業ができる。協働は互いが成長できるチャンス。」といった意見が聞かれた。

 新潟県では、今年度、県内での協働を推進するための事業を行っており、3月21日には、村上市で地域のまちづくりを語り合う「まちカフェ」を、都岐沙羅パートナーズセンターと共催する。時間は9:30〜12:15で、会場は村上市生涯学習推進センター。申し込みは同センターまで。


・第6回まちカフェ「垣根を越えてつながる」
http://blog.canpan.info/tsukisara/archive/324

 

(2016/3/16  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る