にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2016.03.08

【開催報告】オープンセミナー〜環境パートナーシップによる地方創生の推進〜

 2016年3月7日、新潟市中央区の新潟ユニゾンプラザにて、「地域活性化に向けた協働取組の加速化事業オープンセミナー」が行われた。主催は環境省・関東地方環境パートナーシップオフィス(関東EPO)で、県内から12名の参加があった。

 環境省では、「地域の環境課題」について、様々な主体の「パートナーシップ(協働)」で課題解決していくモデル事業を公募し、平成25年度から実施している。本セミナーでは、事業の公募概要の説明とともに、3年間の成果を踏まえた協働取組を進めていくためのポイントを解説した。

 講師の関東EPOの高橋氏からは、協働していくための基本プロセス「集まる」「共有する」「実践する」「広がる」の4つのステップを踏んでいくことの重要性を指摘し、関東エリアで採択されたモデル事業の実例をもとに、どのように行政・NPO等が協働していくための協議体を作ってきたかを解説した。

 また、セミナー開催の協力団体である、認定NPO法人新潟NPO協会の石本氏からは、「どのように関係者にとっての価値をつくるかが大切」と伝え、一方的にやりたいことを押し付ける形ではなく、相互にメリットが生まれるネットワークづくりをしないと、途中で関係者が抜けてしまう恐れがあることを説明した。

 セミナー後は、事業への申請を考えている事業者を対象に個別相談会が開かれた。


・「平成28年度地域活性化に向けた協働取組の加速化事業」募集開始&説明会開催
http://www.geoc.jp/activity/domestic/26430.html

・協働ハンドブック「協働の現場」
http://www.geoc.jp/content/files/japanese/2016/02/kyoudo_handbook2015_4M.pdf


(2016/3/8  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る