にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.10.08

【開催報告】2015にいがたワーク&ライフフォーラムin新潟

   9月26日(土)、27日(日)の2日間にかけて、「2015にいがたワーク&ライフフォーラムin新潟」が開催された。
 フォーラムは、2013年の長岡市に始まり、2014年は上越市、今年は新潟市と会場を移し、今回が3回目の開催である。

 26日は、新潟東映ホテルにて全体集会が行われ、フォーラム基調講演として中央労福協副会長の山本幸司氏が「より良い社会をめざす労働者福祉運動」のテーマで、現在の社会の問題点を挙げ、労働組合と協同組合、NPO/NGOの連携の必要性を訴えた。
 続いて、ピアニスト辻井伸行氏の母である辻井いつ子氏から「明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方」というテーマで記念講演があった。
 伸行氏が全盲だと分かり、絶望と不安の中、子育てをスタートした時や、ピアノが好きな伸行氏と二人三脚で歩み、2009年6月にアメリカで開催された第13回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクールで伸行氏が優勝した時のことなど、可能性があればあきらめないポジティブな生き方について触れた。

 27日は、新潟東映ホテル、新潟東急REIホテル、ガレッソホールの3会場に分かれて、「貧困」「災害ボランティア」「コミュニティデザイン」「男女共同参画」など多様なテーマで、11のセッションが開かれた。



(2015/10/06 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る