にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.10.06

【開催報告】被災地へボランティアの力を―災害ボランティアバス

   9/22(火・祝)、関東・東北豪雨の被災地である茨城県常総市に向かって、ボランティアバスが運行された。このバスは新潟県災害ボランティア調整会議が主催しているのもので、参加者は被災地で復興支援の活動を行った。22日の参加者数は、学生・社会人などスタッフを含め40人ほどだった。

 バスは深夜2時に新潟県庁を出発し、8時過ぎに茨城県常総市に到着した。先に現地で活動している新潟県社会福祉協議会の職員に案内され活動場所へ移動した後、ボランティアが必要な家庭へ班ごとに入った。
 主な活動は、家財の運びだし、衣装ケースなど大型家具や食器類の洗浄、家屋や納屋などの掃除である。家庭によっては、使えなくなった家具を焼却する作業もあった。

 被害の原因となった泥水は、家屋の1階部分や納屋の天井まで埋め尽くしており、泥水が引いた現在も、その跡が線となって残っていた。
 また、泥水に浸かった家具や収穫されたばかりの稲のもみ殻は、非常に重みを含んでおり、ボランティアの必要性を感じさせた。

 新潟県では、9/26(土)もボランティアバスを運行させる。申し込み締め切りは本日17時まで。
 今回被災された地域の住民が日常生活を送るまでには、まだまだ時間を要する。ぜひ、多くの方にボランティアにご参加頂きたい。

・新潟県ホームページ 「9月22日運行の茨城県常総市への災害ボランティアバスの受付を終了しました。9月26日便は受け付けています。」

http://www.pref.niigata.lg.jp/kenminseikatsu/1356823729968.html


(2015/9/24 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp


TOPへ戻る 一覧へ戻る