にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.08.04

【開催報告】障がい者施設が主催!夏の夜を彩る「PONPONナイト☆カーニバル」

 2015年7月25日(土)に、新潟駅南口中央広場にて、「PONPONナイト☆カーニバル」が開催された。福祉作業所の「のんぴーりサックス」(運営母体:NPO法人のんぴーり青山の会)の主催で、今年で3回目の開催となった。
 
 のんぴーりサックスは、障がいを持つ人が社会と積極的に関わる機会を創る活動をしている。平常は、活動のメインである「さしみこんにゃく」の製造、販売、営業を行っており、その過程から、作業所のメンバーは自立するために必要なことを学んでいる。作業所の運営職員は「施設利用者に、自分たちで製造したこんにゃくを販売しお給料を稼ぐ」という喜びと、仕事をの楽しさを感じてもらいながら、メンバーの意欲を向上させている。
 今回のカーニバルは、福祉施設が持たれている「待ちの姿勢」ではなく、自ら積極的に新しい福祉の形を発信する一環として開催された。

 会場には、マクロビオティックなどの体に優しい食べ物を扱う飲食店や、福祉作業所で作る、手作り雑貨、染め物等のワークショップを行う団体が出店した他、特設ステージではアフリカンドラムの演奏、よさこい、ファイアパフォーマンスなどが行われ来場者を楽しませた。また、昨年に引き続き会場に現れた巨大なミラーボールには、多くの人の目を楽しませていた。

・のんぴーりサックス フェイスブックページ
https://www.facebook.com/nonpirisakkusu?fref=ts


(2015/7/30 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp


TOPへ戻る 一覧へ戻る