にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.05.29

【愛称募集】11月柏崎市オープン「(仮称)市民活動センター&中越沖地震メモリアル施設」

 柏崎市は、昭和46年度に自治省のモデル・コミュニティ地区に指定されたことをきっかけに、おおむね小学校区単の31地区にコミュニティセンターを設置し、市民主体のまちづくりの取り組みを開始してきた。 

 平成19年7月16日に発生した新潟県中越沖地震からの復旧・復興の過程では、地域コミュニティを中心とした市民の力が、さまざまな場面で発揮された。

 また、新たにNPOやボランティアグループなどが立ち上がり、被災者へのサポート活動を行うなど、同市が長く取り組んできた市民主体のまちづくりに強い絆が育まれ、スムーズな復興につながるなど、大きな成果を実感する機会となった。

 2015年11月にオープンする「(仮称)市民活動センター」は、市民が地域に愛着を持ち、これまで本市で培われてきたまちづくりを主体的に進める力である「市民力」をさらに発展させるとともに、この「市民力」をキーワードとし、中越地震の経験と教訓を発信する「中越沖地震メモリアル施設」を併設して、これからのまちづくりの拠点となっていく施設を目指す。

 そのため、5月20日より、同市では、この両施設にふさわしく、多くの市民の皆さんから親しまれ、愛着をもってもらえるような「愛称」を募集することとした。

 応募方法や選定条件などは、柏崎市のホームページから確認ができる。

http://www.city.kashiwazaki.lg.jp/katsudo/machi/aisyoubosyu.html


(2015/5/20 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る