にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.03.03

【開催報告】第3回「いのちを守る超連続勉強会」わたしたちに許された特別な時間の終わり上映会

2月28日、新潟NPO協会の主催による「第3回いのちを守る超連続勉強会」わたしたちに許された特別な時間の終わり上映会が、新潟市民映画館シネ・ウインドにて開催された。新潟県の高い自殺率に対し、困難を抱えた人が、どの窓口を最初に訪れても必ず助けられるような異業種間の支援ネットワークの構築を目指し、4年前から開催されてきた。市民をはじめ、いのちや暮らしに関する相談機関の職員ら約30名が参加した。

 今回は、若くして自ら命を絶ったミュージシャンのドキュメンタリー「わたしたちに許された特別な時間の終わり」の上映会と監督を招いてのトークが行われた。本作品は、山形国際ドキュメンタリー映画祭2013アジア千波万波部門出品作品として、日本国内だけではなく海外でも高い評価を得ている。太田信吾監督は、撮影開始した2006年は「尊敬する先輩でもあり友人でもある増田壮太さん音楽活動を映像に残したい」という想いだったが、撮影中の2010年に増田さんが自らの命をたったことをきっかけに、「多様性を認め合い、マイノリティがちで悩んでいる人が生きやすい社会になってほしい」というメッセージを込めた作品とすることを決意。3年かけて編集を行い、2013年に映画化。トークでは、撮影および編集中のエピソードや現在も自殺対策に取り組む行政や民間団体の活動に足を運び様々な気づきを得ていることなどを話した。

なお、映画「わたしたちに許された特別な時間の終わり」は、3月6日(金)まで、新潟市民映画館シネ・ウインドにて上映されている。

新潟市民映画館シネ・ウインド http://www.cinewind.com/
わたしたちに許された特別な時間の終わり http://watayuru.com/

(2015/3/3 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp


TOPへ戻る 一覧へ戻る