にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.02.18

【開催報告】胎内市 NPOと行政による協働アクションセミナー

2月10日(火)18時半より胎内市にて、「NPOと行政による協働アクションセミナー」が開催された。胎内市から9課19係と市内のNPO15団体が参加した。

はじめに、「協働の意義、協働による取組のコツ」と題して、NPO法人新潟NPO協会の富澤佳恵常務理事が講義を行った。高齢化や災害など行政だけで乗り越えられないさまざまな地域社会の課題を説明し、なぜ協働をしなければならないのかを伝えた。また、協働を進めるために必要なポイントや形態について事例をまじえて解説した。次に、上越市と協働して子育て支援事業を実施している認定NPO法人マミーズ・ネットの中條美奈子理事長が事例をまじえた取組の成果を報告した。

最後に、「NPO×行政マッチング面談会」として、参加部局が会場内を取り囲むようにしてブースを構え、NPOが各自そこを訪れ、協働の機会を探っていた。初めての試みだったが、参加者からは、継続開催を望む声が聞かれた。また、胎内市は平成27年度より、市関係部局とNPOが協働で進める事業について、「NPO×行政パートナーシップモデル事業」補助金を準備している。

(2015/2/16 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp)  


TOPへ戻る 一覧へ戻る