にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.02.06

【開催報告】Green Gift 福島潟自然保護プロジェクト「オオヒシクイからのたより」

2月1日(日)、Green Gift福島潟自然保護プロジェクト「オオヒシクイからのたより」が、福島潟で開催された。主催は、特定非営利活動法人ねっとわーく福島潟で、新潟市北区の鳥と制定された渡り鳥の「オオヒシクイ」を主人公にして、福島潟の豊かな自然環境について親子で学んだ。

会場となった水の駅「ビュー福島潟」のレンジャー佐久間さんから「福島潟の広さは271haで、東京ディスニーランドとディズニーシーが入っても収まる大きさで、昔はもっと広かった」などと話があり、参加者は一様に驚いていた。
また、オオヒシクイは春から夏にロシアのカムチャツカで繁殖活動をして、秋から冬に越冬のため新潟に飛来、福島潟を主なねぐらとして生活するという。

佐久間さんの話の後、潟を散策し、オオヒシクイの糞をみつけたり、エサとなるヒシの実を拾ったりした。昼食は、ねっとわーく福島潟のメンバーが菱ご飯やガンモドキ入り豚汁を振る舞った。
昼食を終えると、バスに乗って潟周辺で食事をしているオオヒシクイを探しに出かけ、ビュー福島潟に戻った後も、潟素材の工作体験があり、参加者は盛りだくさんのプログラムを堪能した。
終了時には、参加した子どもたちから、「とても楽しかった」と声があがった。

Green Gift福島潟自然保護プロジェクトは、全5回を予定しており、次回は5月頃に福島潟に咲く絶滅危惧種「サワオグルマ」を楽しむハイキングや潟の野遊び体験を予定している。


★Green Giftプロジェクトとは、東京海上日動火災保険株式会社がCSR(企業の社会的責任)の一環として、持続可能な社会の担い手となる子どもたちを育成するため、日本各地域のNPO等と協働し、市民参加型の環境保護イベントの開催をサポートしているもの。


Green Giftプロジェクト|東京海上日動火災保険株式会社
http://www.tokiomarine-nichido.co.jp/world/greengift/internal_activity/

水の駅「ビュー福島潟」
http://www.pavc.ne.jp/~hishikui/


(2015/2/3 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る