にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.01.21

【開催報告】第1回にいがた終活大学

2015年1月11日(日)新潟ユニゾンプラザ大ホールにて、「第1回にいがた終活大学」が開催された。
主催はにいがた終活大学実行委員会。共催は敬和学園大学・新潟NPO協会。
人生の締めくくりの活動を総称する「終活」をテーマにしたイベント。参加者は150名を超えるなど、県民の関心の高さがうかがわれた。

第一部は「朗らかに!今すぐ始めるサヨナラの準備」と題し、名田庄診療所所長で医師の中村伸一氏の講演が行われた。
中村氏は自治医科大学卒業後、福井県おおい町名田庄地区唯一の診療所所長として住民約3,000人(高齢化率約30%)の医療を担う傍ら、自治医科大学地域医療学の臨床教授も務め、その取り組みはNHK「プロフェッショナル〜仕事の流儀〜」に取り上げられ、著書の「寄りそ医」は、ドラマ「ドロクター」の原作にもなっている。
事例や各種データを紹介しながら、笑いあり、涙ありの講演。実際にエンディングノートにメモする時間も設けられ、参加者は熱心に聞き入っていた。

第二部は弁護士・税理士・コーチングの専門家・社会福祉士などによるトークセッション。事例に基づき、終活に向き合う上での心構えや、具体的な相続や税務、成年後見や地域生活など幅広い内容が論じられた。

にいがた終活大学実行委員会では、アンケート結果を踏まえ、今後も講座等の開催を検討しているとのこと。

にいがた終活大学FBページ
https://www.facebook.com/syukatsu.niigata

(2015/1/14 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp/

TOPへ戻る 一覧へ戻る