にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2015.02.04

【認定NPO法人関連】与党税制改正案大網発表−認定NPO法人優遇措置は「引き続き検討」

   昨年末の12月30日に与党税制改正案大網が発表された。

 今回の税制改正案大綱において、NPO業界にとって懸案だった認定NPO法人の3つの優遇措置については、すべて「引き続き検討」となった。これにより、とりあえず現行の制度が維持されると同時に、引き続き優遇措置が部分的に撤廃される可能性が残る状況となった。

 今回、「引き続き検討」とされた認定NPO法人への優遇措置は以下の3つ。
1.寄付税制の税額控除制度
2.企業からの損金算入枠
3.みなし寄付金制度

 一方、NPO法改正の作業が予定よりも遅れている影響で、設立後5年を超えた法人でも仮認定を申請できる「仮認定の特例措置」の延長は難しい見通しとなっている。認定NPO法人化を目指す団体にとっては、選択肢が狭まることになりそうだ。

 今回の大綱発表を見据えてロビー活動を行ってきた「NPO法人シーズ・市民活動を支える制度をつくる会」では、1月22日(木)に『H27年度のNPO税制を読む』と題し、NPO法と税制の今後に関する講座を開催する。詳細は同会のホームページを参照。

・NPO法人シーズ 市民活動を支える制度をつくる会
 http://www.npoweb.jp/
・【1/22東京】H27年度のNPO税制を読む イベント開催!
http://sfml.jp/?c=999261&o=0011000000ScmwyAAB&v=8ce9a583


(2015/1/9  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp


TOPへ戻る 一覧へ戻る