にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2014.11.19

【開催報告】森のだいどころ「もぐもぐ」収穫祭(NPOどんどこプロジェクト)

11月16日(日)、燕市の児童研修館子どもの森で、「子どものための児童館とNPOの協働事業(通称:NPOどんどこプロジェクト)」として実施している食育活動『森のだいどころ「もぐもぐ」』の収穫祭が行われた。

当日は、「防災」をテーマに、災害時にどのような食事を作ることができるのか、という観点から、レトルトごはんを温めて提供し、子どもたちに自分でおにぎりを作ってもらった。また、子どもの森で採れた大根やニンジン、じゃがいもなどを使って、災害時の炊き出しボランティアも行っている燕市食生活改善推進委員協議会が豚汁を調理し、ふるまった。

会場内では、公益社団法人中越防災安全推進機構の協力による、防災スタンプラリーを実施し、親子で楽しみながら防災に関する知識を深めることができた。何度もスタンプラリーを繰り返す子どもたちの姿が見られ、好評を博していた。

ボランティアで参加した大学生からは、「実際に子どもと触れることができて良かった。」「子ども対象のボランティアは初めてだったが、楽しかった。」と充実した声が聞かれた。


NPOどんどこプロジェクトは、子どもが地域の課題に触れる機会を提供し、子どもたちと地域が共に気づき、学びあう環境を創出することを目指して、児童館とNPOが連携して事業を行うもの。(一財)住友生命福祉文化財団の協賛で、日本NPOセンターと(一財)児童健全育成推進財団が、全国の児童館から公募して実施している。


●子どものための児童館とNPOの協働事業(NPOどんどこプロジェクト)
http://www.npo-dondoko.net/

●児童研修館「こどもの森」
http://www.city.tsubame.niigata.jp/welfare/032000020.html


(2014/11/19 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る