にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2014.12.02

【開催報告】新潟県内の市民活動を学ぼう!〜市民活動支援のためのシンポジウム たいした者んだ、博らん会

 11月15日(土)、新潟市中央区の新潟市民プラザにおいて、市民活動支援のためのシンポジウムが開催された。NPO・市民活動団体・一般市民が新潟県内の市民活動団体の活動を知る事で、学びあい交流の場となる事を目的としたイベントで、主催は新潟市市民活動支援センター運営協議会。シンポジウムで活動発表を行った6団体と、NPO関係者、行政、一般市民など、およそ130名が参加した。

 博らん会は、市民の地域活動紹介シンポジウムと、ふるさと芸能を披露するアトラクションの2部構成で行われた。
 シンポジウムでは、野浦トキの郷米生産組合(佐渡市)、日本海スケートボード協会(村上市)、NPO法人UNE(長岡市)、市民活動ネットワークひとサポ(十日町市)、礎窯サポーターズ(新潟市)の代表者が、大熊孝氏(NPO法人新潟水辺の会・会長)のコーディネートのもと、それぞれの活動紹介を行い、各団体が抱える課題についても発表した。後継者の育成に関するもの、職員の給与・有償ボランティアへの対応など金銭に関するもの、広報の仕方などが課題として挙げられた。
 
 共催していた新潟市の新潟市長・篠田昭氏は「市民協働都市として、市としてもしっかりバックアップしていきたい」と語った。また、参加した団体からは「自分たちの活動を大きな場所でお知らせする事が出来て良かった」との声が上がり、参加者からも「頑張っている団体の存在を知る事が出来て良かった」などの感想が寄せられた。

 イベントの最後には地域特産品抽選会が行われ、シンポジウムで発表した団体の新米やお菓子などが景品として参加者に振る舞われた。
 今後このように、楽しみながら市民と市民活動団体を繋げる場所が新潟県内に増えることを期待したい。


・新潟市市民活動支援センター
 https://www.shimin-ouen.com/


(2014/11/17 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る