にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2014.09.10

【開催報告】ミニキッチン菜園&ミニキッチンガーデンづくり体験(NPOどんどこプロジェクト)

9月7日(日)、燕市の児童研修館子どもの森で、「子どものための児童館とNPOの協働事業(通称:NPOどんどこプロジェクト)」の一環として、ミニキッチン菜園&ミニガーデンづくりの体験が行われた。

当日は、隣接する燕市交通公園で、露店イベント「つばめるしぇ」が開催されており、子どもの森では合せて、「丸シールで遊ぼう」「カロムで遊ぼう」など複数の体験プログラムを実施。開始直後から、子どもたちが多く集まり、終始途切れることはなく、ミニキッチン菜園&ミニガーデンづくりには、100人以上の参加があった。

参加した子どもたちは、高校生のボランティアらに教えてもらいながら、植木鉢をマスキングテープで思い思いに装飾し、キッチンで育てられる野菜の種か多肉種の植物のどちらか好きな方を植えて、持ち帰った。
ボランティアの高校生からは、「土に触れるのが楽しいみたい。」「多肉種の植物が珍しいようで、面白かったようだ。」と充実した声が聞かれた。

現在、子どもの森では、NPOどんどこプロジェクトで、NPO法人園芸福祉にいがたと協働して、研修館前に畑を耕し、野菜を育てている。今回参加してもらった子どもたちに、土に触れ、植物を育てる体験を楽しんでもらった後は、畑づくりにも参加してもらいたい意向だ。11月また12月頃には収穫祭を行う予定。


NPOどんどこプロジェクトは、子どもが地域の課題に触れる機会を提供し、子どもたちと地域が共に気づき、学びあう環境を創出することを目指して、児童館とNPOが連携して事業を行うもの。(一財)住友生命福祉文化財団の協賛で、日本NPOセンターと(一財)児童健全育成推進財団が、全国の児童館から公募して実施している。


●子どものための児童館とNPOの協働事業(NPOどんどこプロジェクト)
http://www.npo-dondoko.net/

●児童研修館「こどもの森」
http://www.city.tsubame.niigata.jp/welfare/032000020.html


(2014/9/8 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp/


TOPへ戻る 一覧へ戻る