にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2014.09.04

【開催報告】川遊びかっぱ体験(NPOどんどこプロジェクト)

子どもが地域の課題に触れる機会を提供し、子どもたちと地域が共に気づき、学びあう環境を創出することを目指して、児童館とNPOが連携して事業を行う「子どものための児童館とNPOの協働事業(通称:NPOどんどこプロジェクト)」が、8月5日、新潟市北区の豊栄児童センターで開催された。

同プロジェクトは、(一財)住友生命福祉文化財団の協賛で、日本NPOセンターと(一財)児童健全育成推進財団が、全国の児童館から実施事業を公募したもので、今年度は全24事業のうち、新潟県内で4事業が実施される。

今回、豊栄児童センターでは、五泉市のNPO法人五泉トゲソの会と協働して、川遊びの体験を行った。自然に触れることが少なくなってきている、いまの子どもたちに、自然の中で思い切り遊ぶ楽しさを経験してもらいたいと企画された。

はじめに、五泉トゲソの会の方から、安全に川遊びをするための方法を教えてもらい、子どもたちは、ライフジャケットを着用して、川の流れに身を任せる、川流れ体験を行った。また、魚捕りや、スイカ割り、イカダ流しなど、学生ボランティアたちが見守る中、子どもたちはプログラムを堪能した。

子どもたちからは、「最高に楽しかった。」「また来年も参加したい。」など、普段、児童センターでは経験できないプログラムを満喫したようだった。

今回のプログラムは、ただ自然の中で遊ぶだけでなく、水難事故が多発している中で、安全に水遊びをするための学びが随所に散りばめられており、子どもだけでなく、参加した保護者、ボランティアなどの大人も学ぶことが多かった。


●子どものための児童館とNPOの協働事業(NPOどんどこプロジェクト)
http://www.npo-dondoko.net/

●2014年度「子どものための児童館とNPOの協働事業」実施児童館が決定しました。
http://www.jnpoc.ne.jp/?p=6492


(2014/8/6 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp/

TOPへ戻る 一覧へ戻る