にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2014.07.02

【報告】コミュニティ協議会の活性化へ向けて (特活)まちづくり学校が新潟市に提言

  特定非営利活動法人まちづくり学校は、このほど新潟市に「地域コミュニティ協議会の活性化に関する提言書」を提出した。
 同法人の運営委員ら4人が6月24日に市役所を訪れ、篠田市長に直接提言書を手渡すと共に意見を交換した。

 まちづくり学校ではこれまで市からの委託事業や各種講座などを通してコミュニティ協議会の関係者と様々な交流をもってきた。今回の提言は、そうした交流の中から聞えて来た当事者の生の声を整理すると共に、県内外でまちづくりの現場に関わってきた経験から、コミュニティ協議会がさらに活性化するための提案をまとめたもの。

 提言書は以下の3つの部分から構成されており、それぞれに具体的な課題や方策が挙げられている。
【1】地域コミュニティ協議会が直面する5つの壁(課題)
【2】地域コミュニティ協議会のあるべき姿(理念)
【3】地域コミュニティ協議会の活性化へ向けた5つのゴール(方策)

 同法人メンバーと篠田市長との熱のこもった意見交換はおよそ30分に渡り、市長からは最後に「提案を活かしたい」との発言もあった。

☆NPO法人 まちづくり学校
http://www.machikou.com

☆提出された提言書はこちら
http://www.machikou.com/140529komikyouteigensyo.pdf


(2014/6/26 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp/)  

TOPへ戻る 一覧へ戻る