にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
 
Last update:2014.06.04

【疑問・質問】第63回「こんな時、どうするの?〜雇用編」★ 雇用した後の事務手続きについて★

 このコーナーでは、NPOの皆さんが日々の運営の中で感じる疑問や陥りやすい落とし穴、また、法人として行う手続きの仕方などを、ポイントで解説しています。ぜひ参考にしてみてください。
 63回目の今回は、雇用編の「 雇用した後の事務手続き」についてです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 63回目の今回は、雇用編の「雇用した後の事務手続き」についてです。

 第53回「こんな時、どうするの?〜雇用編」「謝金と給与の違い」について〜で、その違いを説明しました。
「謝金」だとすると「請負契約」を作成し、条件を個人と団体で確認し、2部押印し、それぞれで保管しておきましょう。
「給与」だとすると「雇用契約」ですので先の回にも記載していますが「労働条件通知書」を取り交わすようにしましょう。雛形はネットからダウンロードできたり、労務関連の書籍などで記載されていますので参考にしてください。

 団体によっては、「有償ボランティア」「インターン」「アルバイトスタッフ」など様々な名称で活動に関わっっている人たちがいると思います。雇用かどうかについては、その名称ではなく活動の実態で判断されます。様々な人に関わってもらう際には、その人々にどのように働いてもらいたいのか、働きたいのかを上記の点に注意しながら相談して決めましょう。

 雇用することが決まった場合には、「労働者」となるため「労働保険」や「社会保険」などの準備を忘れないようにしましょう。
 この他に、職員がサービスを利用する方に損害を与えた場合(例えばイベント時に怪我をさせてしまった)、保障するものとして、損害保険会社が扱っている「業務上損害責任保険」に加入するなどしておくと安心です。

 第53回「こんな時、どうするの?〜雇用編」★ 「謝金と給与の違い」について★
http://www.nponiigata.jp/tpc_main.php?mode=2&id=5343b26e63c4a


(2014/6/4 にいがたNPO情報ネットhttp://www.nponiigata.jp) 


TOPへ戻る 一覧へ戻る