にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

『感情を素直に表現しよう〜コミュニケーション力を育むジャズ教育〜』 「NPO法人Jazz Hands・ジャズ教育支援ネットワーク」代表理事 小山てる美 さん

『感情を素直に表現しよう〜コミュニケーション力を育むジャズ教育〜』 「NPO法人Jazz Hands・ジャズ教育支援ネットワーク」代表理事 小山てる美 さん  「公演が終わった時の子どもたちの笑顔をみるとホントに幸せを感じるんですよ。」
昨年8月にNPO法人化した「Jazz Hands・ジャズ教育支援ネットワーク」の代表理事を務める小山てる美さんにお話を伺った。

 上越市高田で生まれ育った小山さんは、高校卒業後に東京のデザイン学校へ進学した。東京のアパレル企業で働いた後、上越に戻ってブライダル業界で仕事をしていた。
「Jazz Hands・ジャズ教育支援ネットワーク」を立ち上げるきっかけとなったのは、今から13年前に、娘の中学校の講演会に講師として来校した、小中学校時代の同級生でプロジャズピアニストの椎名豊さんとの再会だった。

 当時、椎名さんは北海道釧路市等で教育活動の一環としてジャズの公演を行っていた。椎名さんから「上越でも活動ができないか?」との相談を受けた小山さんは、PTAの役員を務めていたことから、近隣の学校にアプローチし、その後10余年間活動をサポートし続けてきた。昨年春には、組織を整備しようと考え、団体を法人化した。

 小山さんは依頼があれば椎名さんのライブ公演に合わせて、学校公演のセッテングをしている。内容はジャズのレクチャーから始まり、パートごとに旋律を紹介、それぞれの楽器の音色を重ね、曲になる様子を実演する。そして、子どもたちに演奏曲を聴きながらどんな景色や情景を想像したのか問いかけていく。「それぞれ個人が感じたことが100%正解であり、間違いなんてないんだよ」との椎名さんの言葉に、子どもたちは自由に自分の思いを発言していく。また、この活動の大切さを認識してくれた海外のプロミュージシャンも来日の際には、子どもたちともフランクに接してくれているそうだ。

 「ジャズはコミュニケーションの音楽でアドリブ演奏が主なんです。曲に決まったフレーズはあるのですが、お客さんと会話を交わすように演奏が変化してきます。公演は生徒とコミュニケーションをとりながらレクチャースタイルで進行し、ジャズにアレンジした校歌をみんなで唄ったり、ドラムと手拍子でリズムの交換をしたり。そうしているうちに自然と子どもたちからは手拍子や大歓声が湧きあがり、会場が一体化するんです。」

 学校に軽音楽部等があるところではジョイント演奏も行っている。また、新潟日報社主催の「ことばの学校」の授業では“音楽は言葉と同じ”ということを子ども達に体感してもらえた。

 「初めは無表情で演奏を聴いている子どもたちが、レクチャーが進むにつれて笑顔になる姿をみて、幸せな感覚を覚えました。会場の全ての人が心を動かされなくてもいいんです。ひとりでも何かを感じてもらえればいい、もちろん、それは押し付けではない、それぞれが感じることを大切にしてほしいのです。どんなジャンルでも一流、本物から受けるパワーはすごいですよね。プロのミュージシャンが奏でる音楽に触れる機会を いっぱい創ってあげたいです。」

 特別支援学校では、地域の方も呼んで公演をおこなった。参加したおばあちゃんが「ジャズを初めて聴いたけど、ほんとに楽しかったよ。」と声をかけてくれた。その言葉を聞いて、改めて感動したという。

 「なんとなく敷居の高いイメージがあったジャズですが、私たちの目指すジャズは明るく楽しく、みんなが笑顔で繋がりいっしょに音楽を創っていく・・そんなジャズをみんなに知ってほしいです。」

 いま、上越市を中心に新潟県内に活動を広げている。地方では本物の芸術にじかに触れる機会が少ないので、需要はあると感じている。教育関係者と繋がりのある小山さんは、ネットワークの中で今の活動を徐々に広げている。資金的な課題があるが、助成金を活用したり、会員やサポーター、企業協賛を少しずつ増やしたりしながら、今後は県内だけでなく、全国的に活動を広げていきたいそうだ。

 「自分自身、何事に対してもあまり欲はないのですが、この活動だけは続けていきたいと強く思っています。この活動に携わることで出会う人々、感じる充実感、そして公演の中での子どもたちの笑顔が活動の原動力になっています。」
 
 「大人が見守りながら機会を与えてあげれば、子どもたちは想像をはるかに超えた成長をみせてくれます。この公演・活動をきっかけに、世の中にはまだまだ知らないキラキラした世界やたくさんの可能性がある事を感じてもらえたら嬉しいです。」

 先生たちとは違う形で教育に携わることにより、子どもたちの可能性を伸ばしていきたいと語る小山さん。自然体で生きている小山さんの笑顔から、今後の活動の広がりを想像することができた。いつか新潟県だけでなく日本全国で子どもたちと小山さんの笑顔を見られるのが楽しみだ。

・NPO法人Jazz Hands・ジャズ教育支援ネットワーク Facebook
https://www.facebook.com/jsjazzp/
(2017/04/25 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る