にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

「ブラボーな挑戦!愛する新潟を共に盛り上げる若者よ、育て!」 慶應義塾大学 総合政策学部4年 福田 恭子 さん

「ブラボーな挑戦!愛する新潟を共に盛り上げる若者よ、育て!」 慶應義塾大学 総合政策学部4年 福田 恭子 さん  関東在住の学生である福田恭子さんは、2016年の6月から、毎月新潟に帰省し、「ブラボー新潟」を開催している。「ブラボー新潟」は、「新しいプロジェクトを立ち上げたい挑戦者」と「その挑戦を全力で応援する支援者」が集まり、新しいプロジェクトを生み出していく場のことだ。福田さんが「新潟を盛り上げる挑戦者」育成に携わった経緯や今後の展開等についてお話を伺った。

 新潟市で生まれ育った福田さんは、幼いころから人づきあいが苦手で、高校時代は勉強一筋の生活を送っていた。東京の大学に進学後、「東京でしかできない活動をしてみたい」という好奇心にかられ、様々なサークルや学生団体の活動を見学し、イベント等に参加するようになった。

 その過程で「起業家」という生き方があることを知り、その新しい価値観にとても衝撃を受け、これまで他人は不可解で不安な存在だと感じていたが、興味を持ち、積極的に関わるようになって、「自分自身」が何者かを考える機会が増えたという。

 初めて出会った起業家は、低所得者を対象とした生活習慣病の予防の取り組みを行っているケアプロ株式会社代表の川添高志さんだった。同じ大学の先輩ということもあり、とてもインパクトがあったという。

 こうして、「起業家」がやりたいことを実現する過程にとても興味を持ち、自分でも行動しようと、Young Entrepreneurs運営委員会(略称CYE)の活動に参画した。CYEでは、もっと社会に目を向けて、アントレプレナーシップ(企業家精神:新しい事業の創造意欲に燃え、高いリスクに果敢に挑む姿勢)を持った若者世代が増えて欲しいという願いを込めて、勉強会やイベント、ビジネスコンテスト等を開催してきた。

 当初は、東日本大震災後の復興を担う人材育成から始まったが、2014年には全国に活動が広がっていた。アメリカ大使館からの協力や様々な分野からの協力者が集い、活動は大きく展開していった。やればやるだけの成果が生まれてきたが、最近、約5年に渡って携わってきた活動を卒業したという。

 「これまで勉強会を開催してきましたが、勉強するだけでは想いを形にすることはできないと感じるようになりました。また、起業家ではなく、「自分が好きな地域を、自分達の力でよりよくしていく」という意識を持つ若者をもっと新潟に増やしていくべきなのではと感じ、新潟独自の取り組みを地域の人達と一緒に作り上げようと思いました。今年6月より「ブラボー新潟」を開催し、想いを実行に移すためのサポートを地域の人たちが全力で支援する場をつくっています。先輩挑戦者の講演や若き挑戦者のプロジェクトを実現させる方法を一緒に考えるアイデア出しを行い、まだ半年なのに延べ120名ほどの参加がありました。」

 「楽しみながら、自分たちが好きな新潟のことをみんなで盛り上げる。挑戦する人をみんなで支援するプロジェクトを生み出す、というコンセプトで活動しています。学生と社会人の参加が半々で、今まで新潟にはそのような場はありませんでした。実際に活動に挑戦する人が、「ブラボー新潟」に参加して、行動が実現しているケースがあるんですよ。」

 新潟で活動を始めたのが2015年7月。参加者からの反響は大きく、何かが起こりそうという可能性を感じているという。いまやりたいことは、「ブラボー新潟」で挑戦者を増やすこと、新潟のファンを増やすこと、地域の魅力を外に発信すること。それを達成するために模索していたところ、大学卒業後は燕三条の企業に就職し、ものづくりのプロモーションや企画の仕事に就くことになったそうだ。

 「新潟に戻ってくるつもりはありませんでした。けど、1年ほど前に、ふと新潟って面白いかも、半年前には新潟に戻りたいという気持ちが芽生えました。様々な地域を見てきて、新潟には地域資源、例えば、大地の芸術祭や村上の町屋などが豊富にあること、ストーリーのある街が多いことに気がつきました。単純に面白い地域がたくさんあるのに、それが全国的に認知されていないので、今後の地域発展の可能性を非常に感じました。」

 「今後は、自分たちの暮らす街や人生を自分でつくることをみんなで一緒に挑戦していきたいです。自分がどう生きるか、何ができるかを最大限考えながら、自分の力で何かをつくりだすことを意識し、誰かのために、自分がわくわくするために行動に移すことに挑戦できる仲間が増えたら、新潟はもっと素敵になると思います。」

 今後、「ブラボー新潟」の存在意義や価値をどのようにあげていくか、どのようにチームをつくっていくのかが課題と考えているという。「新潟を盛り上げる挑戦者」育成に取り組み、今後の新潟を担う福田さんの取り組みをぜひ応援してもらいたい。

・ブラボー新潟Facebookページ https://www.facebook.com/bravo.niigata/

 (2016/12/26  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る