にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

「子育てすることが幸せと思える環境づくり〜保育士の存在意義の問い直しが出発点に〜」 NPO法人多世代交流館になニーナ 代表理事 佐竹 直子さん

「子育てすることが幸せと思える環境づくり〜保育士の存在意義の問い直しが出発点に〜」 NPO法人多世代交流館になニーナ 代表理事 佐竹 直子さん  中越地震から2年後の2006年に「多世代交流館になニーナ」を設立した佐竹直子さんは、現在長岡市にある蔵王保育園で園長も務めている。青年海外協力隊を経験し、地域での子育て支援を中心に、災害支援など幅広く活動をしている佐竹さんにお話を伺った。

 佐竹さんは長岡市で生まれ育ち、高校で保育を専門的に学んで東京の大学に進学、卒業後はUターンをして、蔵王保育園に就職した。保育士の母親が自宅でも預かり保育をしていた環境もあり、幼いころから保育士になると決めていたという。卒業後、念願の保育士になり、充実した毎日を過ごしていたが、ふと「保育士の存在意義」について考えることがあったという。

 「日本では保育も整った豊かな環境で子育てをしているが、その環境がない状況下での子育てについて知りたい、役に立ちたいという想いがあふれ、青年海外協力隊として3年間フィリピンで活動しました。そこには、女性が外で働き、男性が家事育児をする日常があることにとても新鮮な気持ちを抱きました。また、当時現地の保育者は、資格制度がなく、簡単なセミナーを受講するだけで働くことができたために、ボランテイアであることにとても驚いたんですよ。」

 協力隊となった佐竹さんは、被災地の現場で就労支援にも取り組むことになった。被災者が早く自立できるようにするためには何をすればよいのだろうかと奔走し、農業や養鶏、紙漉き、新聞を再利用した竹細工の手工芸などを自ら始め、自立支援も行ったという。

 「協力隊をしたことにより、他業種の方と繋がり、周りの人たちの力を借りて、まちの再生や震災復興を経験できました。それが帰国してから活きているんです。」

 帰国後は、再び東京で保育を勉強するとともに、フィリピンでのカウンターパートを日本に呼んで、2年半かけてフィリピンに初の保育士養成学校を設立することにも尽力した。

 また、当時子育て支援について「研究者」、「保育士」、「子育て家庭」それぞれの想いが交錯しており、うまく仕組みとして循環していなかったため、三者が歩み寄るネットワークが必要であると考え、1999年に長岡市に子育て支援「三尺玉ネット」を立ち上げた。子育てしやすい社会をつくるため、様々な人がつながることによって問題解決する仕組みつくりを考え、顔が見え、安心できる関係性の構築に取り組んだ。

 そうした取り組みを進めていた2004年に中越地震が発生した。避難所で支援をしていく中で、そこに社会の縮図が見え、このような状況では子育てがしやすい環境にはなりえない、人の根幹にある「わかちあい」がとても大切であることに気がついたという。そこで、多世代・多文化・多地域・多分野の人たちが日常ゆるやかな関係を築いていたならば、問題が発生した時にお互いが声を掛け合い、どのような状況でも助け合っていけるのではないかと「多世代交流館になニーナ」を立ち上げた。

 「になニーナ」は主に、長岡市の「子育ての駅 ぐんぐん」において、お茶会をベースとした交流活動を行っている。定期的に「子育てカフェ」、「手仕事カフェ」、世代を超えて体を動かした後に長岡名産のお茶を飲みながら交流する「健康お茶会」などを開催している。

 「この時代にこの地域にうまれてよかったという子どもが育つ環境であってほしいと思っています。今はまだ不完全だけど、自分の子どもが親になったときに、自分の生まれたところで自分も子育てすることがよいと思える環境を作ってあげたいです。そして、親には自分だけ頑張りすぎないということを伝えたい。社会全体で子どもたちを育てていくという意識で、周りが子育ての困りごとに気づいてサポートをしてほしい、みんなで子どもを育てていく社会であってほしいと願っています。」

 子育てを含め大変な時期もあったが、今は自分の中でほどよいバランスで様々な活動を続けているという佐竹さん。中越沖地震、東日本大震災等の災害が発生した時には避難所の支援を、また熊本地震では中越地震の経験を活かして災害支援のノウハウを伝えるなどの後方支援も行った。

 多分野にわたり活動を続けている佐竹さんだが、今、保育園の園長として新しい保育園のあり方を考えているという。「保育園は現場がすべてである、そこにヒントがあり答えがある。現場から発生してくる問題に合わせてその都度、一緒に新しいしくみを構築していきたい、そして、保育園に子どもを預けるだけでなく、保護者と子どもが一緒に登園し、生活の中で自然と子育てを学べるような新しい保育園の環境をつくっていきたいです。」と熱く語った。

・多世代交流館になニーナ Facebook  https://www.facebook.com/nina2727/
・蔵王保育園 http://www.zaohoikuen.com/

(2016/08/25  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る