にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

『起業したい人の想いに寄り添いながら、地域を活性化したい』 〜一般社団法人 まちネット 育ちの種 川島崇照さん〜

『起業したい人の想いに寄り添いながら、地域を活性化したい』 〜一般社団法人 まちネット 育ちの種 川島崇照さん〜  「一般社団法人 まちネット育ちの種」の川島崇照さんは、地域住民の起業を支援することで、地域活性化を促したいと考えている。活動の中で大切にしていることは「人の想いを明確にすること」だ。川島さんに活動の原点を聴いた。

 元々、販売員として勤めていた川島さんが地域づくりに関わるようになったきっかけは、国の社会的企業家を応援するコンペに採択されたことだ。採択された事業を行うために、『まちネット育ちの種』(現・『一般社団法人 まちネット育ちの種』)を立ち上げた。事業内容は、起業全般の支援。組織の立ち上げから人材育成、ファシリテーターや講師の派遣など、支援のジャンルは幅広い。その中でも重点を置いているのが、起業を目指す人の、将来のビジョンを明確にさせることだ。

 「地域に仕事を生むために起業支援を提案しましたが、そもそも地域づくりに関して何も分からない状態でした。当時は自分の働き方や生き方を考え直していた時期でもあり、創造的に生きたい、生きられるはずだ、という欲求もありました。」と川島さんは言う。採択後は、まちづくりに関してノウハウを身に着けようと、様々な地域づくりの講座に参加した。こうして、地域づくりに深く関わっていくことが、川島さんにある気づきをもたらした。

 当時、人付き合いが苦手だと感じていた川島さんは、他人と上手く接することができない自分を責めていた。だが、地域づくりで多くの人と関わるうちに人と話すことの怖さを克服していくことができた。
 「他人がずっと怖いと思っていたけど、実は違うんじゃないの?と気付きました。自分が接する人の多くは、具体的に自分がどんなことをやりたいか分かっていないんですよ。地域に対して何かをしたい、でもよく分からないという気持ちでモヤモヤしている。その根本にはいつも、迷っているその人自身がいる。その気持ちを理解して、冷静に判断できるように支えるのは、自分自身について悩んだことがある私の役割だと思いました。」

 川島さんの地域づくりの持論は、「一過性になりがちなイベントではなく、長期ビジョンを持って、ゆっくりと地域を作って行くことが重要」ということだ。長期ビジョンを持つためには、まず自分の想いを整理することが必要になる。これらのことが、『まちネット育ちの種』での活動内容に繋がっている。

 キャリアを変えていく中で、苦労がなかったわけではない。その陰には、奥さんの支えもあった。奥さんは、5月の本コーナーにもご登場頂いている『ママの笑顔応援団みんなの庭』代表の川島亜紀子さん。現在では『一般社団法人まちネット育ちの種』の代表理事も兼任している。
 「収入が不安定で不安にさせた事もあったと思うけど、全く顔に出さなかった。途中で辞めても良いとか、お金の問題を言われたら、投げ出していたかもしれない。でも周りに対する責任もあったし、何より、自分が信じる物を追い求めたいと感じていた。彼女が見守ってくれたから、諦めずやって来られました。」

 夫婦が同じ方向を見て歩いてきた「地域活性化」と「支援」の道。そのベースには、夫婦という最小のコミュニティーでの支え合いがあった。

・一般社団法人まちネット育ちの種
http://sodati.net/index.php


(2014/8/20 にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp/

TOPへ戻る 一覧へ戻る