にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

『子育てママの輝ける場所を作りたい』 〜ママの笑顔応援団みんなの庭 川島亜紀子さん〜

『子育てママの輝ける場所を作りたい』 〜ママの笑顔応援団みんなの庭 川島亜紀子さん〜  南魚沼市に住む川島亜紀子さんは、『ママの笑顔応援団 みんなの庭』と『一般社団法人 まちネット育ちの種』の2つの団体で市民活動を行う、行動力溢れる「お母さん」だ。また、市民活動を行う立場として行政と意見交換を行うなど、同市の市民活動の土台を作ろうと奮闘している。
 川島さんの活動の原点は、「母親の立場を守り、向上させたい」という想いである。この想いに辿りついた背景には何があるのか。

 結婚を機に専業主婦に転身した川島さんは、家事をこなす一方で、パンや子供服などの手作りも始めた。これが家族に好評で、みんなに喜んでもらえる事が嬉しかった。
 そして、子どもが大きくなるにつれ、子どもの繋がりから「ママ友」が増えた。しかし、「ママ友が集まると、なぜか家族の愚痴が多くなる。自分はそれに違和感を持ちました。私が何かをすると家族が喜んでくれて、それが生活の張りになっていたから。」と、子育て中の人間関係に対し、川島さんは当時の想いを振り返った。

 違和感を持ちながらも、「専業主婦でも、活き活きできる何かは絶対にある」と感じていた川島さんは、しばらくして子育て中の友人に洋服作りの手ほどきを行う機会を得た。友人はそれが切っ掛けとなり、洋服作りを継続して行うようになった。彼女は傍目でも分かるほど、活き活きとした女性に変わったそうだ。「専業主婦でも子育ての他に出来る何かがあれば、活き活きと自分らしく生きる事が出来る。こんな風に、ママが輝ける場所を作りたい。」と川島さんは感じた。
 そのタイミングで、川島さんの旦那様が「まちづくり」に関わり始めた。そこで誕生したのが、冒頭に出てきた『育ちの種』という団体である。

 『育ちの種』は、「じぶんづくりとまちづくり」を理念として、市民のキャリアデザインを支援する団体である。一人一人が「まちづくり」について長期的なビジョンを持ち、実践するプログラムを実施している。ここには母親の自立支援を目的とし様々なプログラムを行う部門があった。後にこの部門が独立し、川島さんが運営を担当する事になった。それが『ママの笑顔応援団 みんなの庭』である。『みんなの庭』では、子育て中に陥りやすい孤独感や不安感に対するサポートや、母親のキャリアデザインに対するサポートを行っている。

 川島さんが活動の中で最も重視しているのが、母親の自己肯定感を育てる事だ。
 「子育てに専念する事で社会から隔離され、孤独感を持つ母親が大勢います。孤独感から自分らしさを見失い、笑顔を失う人も多くいます。母親が笑顔を失えば、家庭も暗くなってしまう。笑顔を取り戻す為には、その人がその人らしく居られる場所が必要です。『みんなの庭』で母親を個人として認めて、その人らしさを取り戻してほしい。そして活き活きと笑顔になって欲しい。」

 川島さんは、取材の最後に活動に込める想いを話してくれた。「家族は人間にとって最初に得るコミュニティー。人が育つ上でとても大切な場所です。そして母親は、家族一人一人を繋ぎ、支える存在です。だからこそ、母親がその人らしく笑顔でいる事が家庭にとって必要。それをきちんと感じてもらいたいと思います。」

 一つ一つの家庭が活き活きしていれば、その地域は自然と活性化する。その根幹にあるのは、母親の笑顔だ。家庭という小さなコミュニティーから地域社会という大きなコミュニティーを見据える川島さんは、包容力に満ちた輝きを放っていた。

・ママの笑顔応援団 みんなの庭
 http://minna-niwa.net/
・一般社団法人 まちネット育ちの種
 http://sodati.net/


(2014/5/20  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る