にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

交流が生む大きな自信 〜聴こえない人と聴こえる人の信頼関係を作る場を〜 臼井千恵さん

交流が生む大きな自信 〜聴こえない人と聴こえる人の信頼関係を作る場を〜 臼井千恵さん  手話を広め、地域福祉と障がい者の自立支援を目的として活動しているNPO法人「にいまーる」。同法人が拠点とする「地域活動支援センター 手楽来家」(てらこや)の施設長を務めるのが、臼井千恵さんである。
 臼井さんは愛知県の出身、今は新潟市に住み、手楽来家運営の傍ら、大学の手話サークルや専門学校で手話を教えている。昨年には、新潟市生涯学習センターによる「にいがた市民大学」への企画提案が採用され、「新潟の手話」をテーマとしたアカデミック講座が開講、言語・生活・文化・教育・芸術などの多様な視点で手話をとらえた全国初の連続講義は、言語学の見地からも評価された。

 そんな臼井さんも地元の大学に入学するまでは、聴こえない世界(ろう学校)しか知らなかった。「手話が通じない世界は、同じ日本にいながら、まるで外国にいるような気分でした。」と、臼井さんは当時を思い出す。この時感じた違和感を糧として、聴こえる人と聴こえない人が共存しやすい環境を作るため、手話の魅力を広く知ってもらおうと考えた。
 手話の魅力の1つには、コミュニケーションの基本に立ち返れるというものがある。例えば、手話は相手と向かい合ってアイコンタクトを交えつつ会話をする。手話を教わる人の中には、きちんと相手の目を見て会話することの大切さにあらためて気づき、意思疎通について深く考えるきっかけになったと感想をもつ人も多いという。

 「手話を通じて出会いや発見が得られる場」や、「聴こえない人と聴こえる人が互いに安心して交流できる場」が必要だと感じていた中で、臼井さんが講師をしていた手話教室の教え子たちが協力者となる。NPO法人にいまーるの代表である笠原さんも、臼井さんから手話を教わった一人。こうした出会いが重なり、思い描いていた触れ合いの場が徐々に形になり、2012年の4月に新潟市から認可を受け、「手楽来家」が立ち上がった。「手楽来家」とは、「『手』話、筆談でコミュニケーションを『楽』しむ、いつでも『来』てもらえる『家』のようなリラックスできる場所」という意味が込められている。
 「聴こえない世界から見ると、聴こえる世界は近いようで遠い世界でもあります。きっと聴こえる世界からも、近くて遠い世界に映ると思います。お互いの世界を少しずつ理解しあい、助け合っていく場として、地域活動支援センター手楽来家は発展していけると感じています。新潟は、聴こえない人をあたたかく興味をもって受け入れてくれる、とても安心感を持てる土地柄、そんな新潟を『より住みやすい新潟』にしていけたらと考えています。」と、臼井さんは、「手楽来家」への想いを伝えてくれた。

 現在「手楽来家」では、ヤマト福祉財団の協力を得て、クロネコヤマトメール便配達の事業を実施している。地域の配送先へ手渡しでメール配達をするのだが、地域交流や利用者のキャリアアップにもつながり充実した活動となっている。また、その他にも、資源回収などの事業も行っているが、こうした事業は、企業に対してNPO側から相談することで実現してきた。企業の理解を得ることの難しさや、聴こえない人が職場へ溶け込むことの難しさなど課題は多い。臼井さんは、「手楽来家」が利用者一人一人のやれることを保証することで、個人の働く意欲のバックアップや居場所作りの支援ができると考えている。

 一方で、聴こえない人の側にも世の中に対しての思い込みがあるという。
 「どうせ手話ができないだろう。おぼえた手話もすぐ忘れるだろう。どうやったって、自分の気持ちは理解してもらえないだろう。」
 臼井さん自身も例外ではなく、以前はそうした思いを抱いていた。しかし、聴こえる人と交流をもつ中で、その思いも変わった。一人でも良いので交流を通して信頼関係を持てれば、思い込みから脱するきっかけになり、大きな自信を持てる。障害の有無にかかわらず、互いに一人の人間として認め合い、高めあっていく関係が持てれば、コミュニケーションもより積極的になり、よい循環が生まれる。
 「聴こえない人と聴こえる人、手話ができる人、お互いの関わりがほとんどないというのは、もったいない。手話ができないから協力できないのではと考える方もいらっしゃるが、人とかかわる事が好きな方ならどなたでも大歓迎です。例えば、要らなくなった段ボールや古本、チラシを提供いただけるだけでもよいです。そうした小さな取り組みを積み重ねることにより、お互いがお互いを知っていく機会を作りたいと思っています。地域貢献の一つとして、手楽来家の活動にご協力いただけたら嬉しいです。」
 メッセージを伝えてくれた臼井さん、明るい笑顔の奥からは、力強いエネルギーが感じられた。


【特定非営利活動法人 にいまーるWebサイト】
URL:http://www.niimaru.com/
※ 「地域活動支援センター 手楽来家」は、月〜金の日中に開館。連絡先は上記のWebサイトから参照ください。


(2012/6/18  にいがたNPO情報ネット http://www.nponiigata.jp

TOPへ戻る 一覧へ戻る