にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
2017年全労済地域貢献助成事業
 
  ■趣旨:
日本国内で実施される以下のような活動を対象とします。
(1) 自然災害に備え、いのちを守るための活動
【活動例】防災研修、防災マップの作成、防災ウォークなど
(2) 地域の自然環境・生態系を守る活動
【活動例】自然観察会、環境教育のための学習会、森林・里地里山(棚田等含む)・竹林の保全活動、
水環境(河川・湖沼・里海)の保全活動、生物多様性の保全活動(絶滅の危機に瀕する動植物の保
護)など
(3) 温暖化防止活動や循環型社会づくり活動
【活動例】自然エネルギーの普及・啓発活動、省エネルギーの促進活動、3R(リサイクル、リユース、
リデュース)を促進する活動など
(4) 子どもや親子の孤立を防ぎ、地域とのつながりを生み出す活動
【活動例】親子サロン、読み聞かせ、プレーパークなど
(5) 困難を抱える子ども・親がたすけあい、生きる力を育む活動
【活動例】障害・外国籍・ひとり親家庭などの子どもや親の交流、相互支援活動など 


■募集対象:
日本国内を主たる活動の場とする、下記(1)〜(3)のいずれにも該当する団体を対象とします。
(1) NPO 法人、任意団体、市民団体
(2) 設立 1 年以上の活動実績を有する団体 (基準日:3月5日 ※応募締切日の1ヶ月前)
(3) 直近の年間収入が300万円以下の団体(前年度の繰越金を除く)
※収入には他の団体からの助成金も含みます。
※過去に全労済より助成を受けられた団体についても応募は可能です。
ただし、直近5年以内に3回助成を受けた団体は助成対象外となります。
※2015年以前に全労済より助成を受け、助成活動報告書を提出していない団体は助成対象外となります。

■対象事業・年間助成金額
(1) 助成総額は2,000万円(上限)を予定しています。
(2) 応募は、1 団体あたり 1 事業のみとし、助成上限額は30万円 です。 
(3) 助成費用について 
助成申請の対象となる費用
1. 活動に直接係る経費
 旅費交通費、借上費、物品・資材・事務用品購入費など
2. 活動に直接関与する人件費
 講師謝金、指導料、団体職員やアルバイトの賃金
 ※2は助成申請額の2分の1を超えない額とします。 

助成申請の対象とならない費用
1. 飲食費、接待交際費
2. 団体の事務局運営や個人使用にも流用できる機材、備品の購入費
 (例) パソコン、プリンター、デジタルカメラ、ビデオ、携帯端末、机、椅子、キャビネット等
3. 活動に直接係りのない団体職員やアルバイトの人件費
4. 団体の日常の事務局運営に係る費用(家賃、水光熱料など)
5. その他審査委員会が不適切と判断する費用 
■関連URL
http://www.zenrosai.coop/library/90honbu/01_ouboyoukou.pdf

■応募・問合せ先:
全労済 総務部内 地域貢献助成事業事務局
(担当 千田、松橋)
TEL:03-3299-0161 FAX:03-5351-7772
(平日 10 時〜17 時 土日祝を除く)
電子メール:90_eco@zenrosai.coop 

■応募締切:
2017 年 3 月 22 日(水)〜4 月 5 日(水)
 
締切日 2017/04/05
関連リンク 2017年全労済地域貢献助成事業
 

TOPへ戻る 一覧へ戻る