にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
(公財)新潟県都市緑花センター 花と緑のパートナーづくり事業
 
  花と緑のパートナーづくり事業助成要綱

(目的)
第 1 条 この制度は、子供たちや地域住民が、都市部や主要な観光地の公共施設を緑化し育成することを通じて、都市緑化の意
識啓発及び公共施設等の緑化を促進し、快適で魅力ある都市空間の形成を図ることを目的とする。
(助成対象要件)
第 2 条 助成の対象とする要件は、以下の全てを満たす緑化活動とする。
(1) 概ね5人以上の編成で、1年以上活動しているボランティア団体等の実施する緑化活動及び学校行事として実施する緑
化活動であること。ただし、宗教や政治、営利を目的とした団体は除く。
(2) 都市計画区域内又は主要な観光地の別表1に掲げる公共施設における緑化活動であること。
(3) 緑化活動の実施主体(助成申請者)が策定した事業計画に基づく緑化活動であること。
(4) 植栽物の維持管理は、助成申請者が行うものであり、施設管理者に植栽に係る承諾(許可)を得たものであること。
(5) 第 3 条に定める助成対象経費の総額が、単年度10万円以上の緑化活動であること。
(6) 当該年度中に他の事業で植樹された箇所または植栽予定箇所、新設や改築を伴う施設は原則として対象としない。
(助成対象経費)
第 3 条 助成対象経費は次のとおりとする。
(1) 樹木の購入費(支柱、肥料等の資材購入費を含む。)
(2) 草花の購入費(プランター及び肥料等の資材購入費を含む。ただし、以下のとおりとする。)
イ 「草花」は、多年草に限る。1・2年草の植栽を行う場合は、助成対象経費の10%以内とする。
ロ 植栽区域は当該年度の樹木植栽区域内とし、同一区域への助成は1回限りとする。
ハ プランターによる植栽を行う場合は、道路等のプランター以外による植栽が困難な場所に限り、プランターの容量は
50 リットル以上とする。
(助成割合及び限度額)
第4条 助成の割合及び単年度の助成限度額は、原則として次のとおりとする。
ただし、事業・植栽計画が複数年に及ぶ場合にあっては、3年を限度として継続して助成の申請をすることができる。
助成割合 助成限度額 対象施設
(1) 10/10 以内 50 万円 都市計画区域内または主要な観光地の県管理施設
(2) 1/2以内 25万円 都市計画区域内または主要な観光地の市町村管理の小中学校
 助成申請額は1万円単位とし、以下切捨てとする。
(申請手続き等)
第 5 条 助成申請書等の必要書類は、別表2のとおりとし、申請手続き等は次のとおりとする。
(1) 助成を希望する団体は、助成申請書等の必要書類を、公益財団法人新潟県都市緑花センター(以下センターという。)に
提出するものとする。
(2) 申請にあたっては、施設管理者の承諾を必ず得るとともに、事前に維持管理についても協議すること。
(3) センターは、申請書等を速やかに審査し、助成決定通知を行なうものとする。
(4) 助成決定通知を受けた団体は、緑化活動実施日程をセンターに報告するものとする。原則として、緑化活動実施日にセ
ンターは現地確認を行うものとする。
(5) 助成決定後、申請内容に変更が生じた時は、速やかにセンターに報告し、指導を受けるものとする。
(6) 決定した内容に変更のある場合は、原則として様式4の変更申請書を提出するものとする。
(7) 申請事業が完了したときは、完了届等の必要書類を、速やかにセンターに提出するものとする。完了届の提出期限は、
当該年度末までとする。
(8) センターは完了届等を速やかに審査し、助成金を交付するものとする。

〒950−0933 新潟市中央区清五郎58番地
 公益財団法人新潟県都市緑花センター 緑花推進課
 TEL025−286−1108 FAX025−257−8766
 E メール center@greenery-niigata.or.jp
 URL http://www.greenery-niigata.or.jp
 
締切日 なし
関連リンク (公財)新潟県都市緑化センター 花と緑のパートナーづくり事業のページ
 

TOPへ戻る 一覧へ戻る