にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 

 おもちゃクリニック ゆりかご
 巡回おもちゃ病院 訪問診療

活動目的
こわれたおもちゃを無償で治すボランティア活動を通じて、こどもたちに感動を与えること。

保護者には環境や資源保護の意識を持っていただくこと。

おもちゃドクターの輪を広げ、3世代間の交流を促進することを、目的とする。

主要事業
糸魚川市内の幼稚園・保育園を中心に、壊れたり使わなくなったおもちゃを、巡回して回収。
分解点検・修理して治したおもちゃは、次回の巡回時に希望する園に返却し、寄付する。
修理不能なおもちゃは、再生部品として活用。

まず、巡回して回収をする幼稚園・保育園を見つけることが、先決課題。
ホームページやブログ等で情報発信しながら、巡回の受け入れ先を探す。

一緒に活動してくれるボランティアドクター募集中。

家庭・生活
関連分野:高齢者・障害者,環境保全,青少年,科学技術

 
  会員数: 個人:2人  
  設立: 2016-04  
  規約: なし  
  予算: 20,000円(2016年度)  
  会報: なし  
  会費: 年会費 500円  
〒941-0036 新潟県糸魚川市 釜沢2137  おもちゃクリニック ゆりかご
TEL:025-512-7231(留守録音対応)
FAX:025-512-7231
URL:http://blog.canpan.info/yurikago/
E-mail:dr.watanabe.m@live.jp
代表者:渡辺 勝
担当者:おもちゃドクター/わたなべ
 



2016/12/01 【糸魚川市】不用なおもちゃ、大募集!!
2017/01/08  おもちゃドクター 募集!
2016/03/29  おもちゃクリニック ゆりかご ボランティア募集!
   
 
協働可能な事業
出張おもちゃ病院
育児サークルや福祉イベント会場等に、おもちゃドクターが出張して、おもちゃ修理の実演をします。
即日で治らないものは、入院預りで治療します。
 
巡回おもちゃ病院
図書館や児童館など公共施設には、不用なおもちゃを回収にお伺いします。
治したおもちゃは、希望者に寄付します。
 
定例おもちゃ病院
場所と時間を提供していただければ、定期的におもちゃ病院を開き、子ども達や保護者に喜んでもらえます。
 
おもちゃドクター訪問診療
保育園や幼稚園などにお伺いし、常備してあるおもちゃの不具合をその場で診療します。即日で治らないものは、入院預りで治療します。
 



協働事業の実績
実績なし



PR
2016年4月、これからの活動を広報するために、この団体を設立。
同時に、団体ブログを開設。活動開始の様子をこのブログで日記風に紹介。

(代表者の略歴)
2012年4月、上越おもちゃ病院に入会し、おもちゃドクター研修医として在籍。
2013年度から3年間、上越おもちゃ病院の会計担当、勝手に広報担当も。
2013年11月、2015年10月と「おもちゃドクター養成講座(実習編)」を受講。
2015年度末で本業を定年退職、糸魚川市に活動の拠点を移す。
2016年度から、日本おもちゃ病院協会に登録し、おもちゃドクターとして独立。
2016年5月、糸魚川市ボランティアセンターに個人登録。
2016年7月、「 おもちゃクリニック ゆりかご」、活動開始。



役員
おもちゃドクター/わたなべ

TOPへ戻る 戻る