にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
女性センター講座 「性暴力をなくすために私ができること」を開催します
 
   DV法施行以降、女性に対する暴力をなくすことへの関心は高まっています。
 しかし、配偶者暴力認知件数は増加し、さらに、AV出演強要、JKビジネスなど女性の人権を侵害するあらたな問題も見えてきました。
 110年ぶりとなる性犯罪を厳罰化する刑法の改正により、どんな成果と課題があるのか。法改正の審議に参加した弁護士の角田由紀子さんからお話を聞きます。
 また、改正に当たり性暴力の被害者として声を届けた『13歳、「私」をなくした私 性暴力と生きるとことのリアル』の著者、山本潤さんからは、性暴力が心身におよぼす影響など性暴力被害の実態と支援にむけた取り組みについてお話いただきます。

 今、社会に生きる一員として、性暴力をなくすために何ができるのかを考えてみませんか。

※1回のみの参加もできます。
 1回のみの参加を希望される方は、希望日を「お申込みフォーム」最下部の「備考」欄にご記入ください。

1 開催日時 
 (神30年3月10日(土)13:30〜15:30
 ∧神30年3月24日(土)13:30〜15:30

2 会場
  新潟県女性センター女性団体交流室2
  (新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾン
  プラザ2階) 

3 対象 
  テーマに関心のある方どなたでも。

4 講師 
 ヽ囘 由紀子さん(弁護士)
 ∋核  潤さん(SANE性暴力被害者支援看護師)

5 参加費
  無料 
  
6 定員
  各回50人(お申込み先着順)

7 お申込み方法・締切
  参加を希望される方は、事前にお申込みが必要
 です。名前・所属先・連絡先(住所・電話・Eメ
 ールアドレス)・保育希望の有無を当財団までお
 知らせください。
   なお、電話でのお申込みの場合は、閉館日(当財
  団HPでお知らせしています。)を除いて、次の時間
  でお願いします。
   【平日】8:30〜17:15
   【土日祝日】9:00〜17:00
   当財団ホームページ「お申込みフォーム」もご利用
 いただけます。

8 保育
    一時保育あります。
    ただし、生後6か月以上の未就学児で、予約が必要
 です。
  保育協力費:子ども1人1日200円。
  保育申込締切:2月24日(土)必着

9 チラシはこちら
  https://npwf.jp/wp-content/uploads/568f50c2393b7b852ea1e5d78c18afb8.pdf




 
開催期間 2018年03月10日 〜 2018年03月24日
連絡先 公益財団法人新潟県女性財団
 電話:025−285−6610
情報提供 公益財団法人 新潟県女性財団
新潟県新潟市中央区上所2−2−2 新潟ユニゾンプラザ2階
TEL:025-285-6610
E-mail:npwf@npwf.jp
URL:http://npwf.jp/

TOPへ戻る 一覧へ戻る