にいがたNPO情報ネット
 フォントサイズ: 
ほんとの空が戻る日まで
 
  ●イベントの概要(リード文):
東日本大震災及び福島第一原子力発電所事故から6年が経過しようとしていますが,原発周辺地域においては,避難指示が順次解除され,生活に必要な機能も徐々に整備されてきている一方,震災以前から地域が内包していた第一次産業の衰退や少子高齢化の急激な加速等,新たな課題も表面化しています。
今回のシンポジウムは,福島県の現状を伝えるとともに,復興を通じて得られた福島の経験や知見を「経験知・支援知」として活かすことにより,少子高齢化社会に直面するこれからの地域のあり方についてともに考えることを目的としています。

●開催日 :平成29年3月5日(日)

●時 間 :午後1時〜午後5時30分

●実施場所:新潟市東区プラザ ホール(新潟県新潟市東区下木戸1丁目4−1)

●定 員 :200名

●参加費 :無料

●内 容 :
吃堯ヾ霙換岷蕁嵜椋匏亳海導くこれからの日本」
飯尾潤氏 政策研究大学院大学 教授

局堯(‥腓慮従報告
福島の現状と課題 初澤敏生 FUREセンター長
原発被災地の復興と市民の力 天野和彦 FURE地域復興支援部門 特任准教授
原子力災害からの福島県農業の再生〜食と農の安全と安心〜 石井秀樹 FURE農・環境復興支援部門 特任准教授
福島県における成長産業分野への取組 安達和久 福島県商工労働部再生可能エネルギー産業推進感兼次長

敬凜僖優襯妊スカッション「震災・原発事故の経験を活かし将来を思考する」
[モデレーター]丹波史紀 福島大学行政政策学類 准教授
[コメンテーター]
飯尾潤 氏 政策研究大学院大学 教授
初澤敏生 FUREセンター長
[パネリスト]
遠藤雄幸 氏 福島県双葉郡川内村長
稲垣文彦 氏 公益社団法人中越防災安全推進機構/震災アーカイブス・メモリアルセンター長
松井克浩 氏 新潟大学副学長
高橋宏一郎 氏 共同通信社編集局科学部長兼原子力報道室長

※FURE=福島大学うつくしましふくしま未来支援センターの略

●詳しくはこちら
http://www.sankakumusubi.jp/uploads/event/f2ec4b517663422e840a56cabf79cd6e.pdf

●主催者 :国立学校法人福島大学、福島大学うつくしましふくしま未来支援センター

●お申込み方法
下のプログラムの裏面の申込書に必要事項を記入の上,FAXかメールでお送りいただくか,参加申し込みフォームよりお申し込みください。[申込締切:2月20日(月)]
または、参加申し込みフォーム(https://ws.formzu.net/fgen/S32789057/)でも申し込みいただけます。

●お問い合わせ先
名称:福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
TEL/FAX:024-504-2865
メール:fure@adb.fukushima-u.ac.jp

●URL(団体もしくはイベント):
http://www.niigata-u.ac.jp/news/event/2017/28417/

(2017/02/ にいがたNPO情報ネット

http://www.nponiigata.jp/



 
開催期間 2017年03月05日
連絡先 ●お問い合わせ先
名称:福島大学うつくしまふくしま未来支援センター
TEL/FAX:024-504-2865
メール:fure@adb.fukushima-u.ac.jp
情報提供 新潟県NPO・地域づくり支援センター
新潟県新潟市中央区上所2−2−2新潟ユニゾンプラザ1F
TEL:025-283-8686
E-mail:webmaster@nponiigata.jp
URL:https://www.facebook.com/NiigataNPOInfoNet

TOPへ戻る 一覧へ戻る